やんちゃ本舗-國士舞双、代表・森田の日記
やんちゃ本舗と國士舞双、ともに2007年発進です。 それらの代表・森田成潔が綴る日記、よろしくお願いします!
プロフィール

代表・森田成潔

Author:代表・森田成潔
よさこい祭り関連事業のやんちゃ本舗と、究極のよさこいチーム国士舞双の代表森田が綴る日記を、どうぞよろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏の想い出・・・その3
は~い、こんちわ!今日もこんな時間(いつもの時間だったりする)からブログを書いてる鬼神です。今日は『一夏の想い出・・・その3』と題しまして、裏方さんがいたからこそ・・・できた国士舞双のよさこいを取り上げてみたいと思っております。最後まで宜しくお付き合いくださいね~。それでは、はじまり・はじまり~・・・


そうですねぇ、何処のチームにも表方と裏方が存在すると思いますが・・・普通は、裏方の方々の苦労なんてあまり分からないと思いますしどんなことをしているのか?なんてことも、あまり気にならなかったりするもんですよね。
 国士舞双の場合は、その両方をしている者も多くいます。私自信もそうですし、統括・総務・会計等もみんなが表も裏もで活躍していることが現状です。がしかし、本当に裏方で徹して見えない所から国士を支えててくれていた方々も沢山いるんですね。例えば、地方車を作ってくれた製作担当・救護班・地方車や先導車の運転手・音響や照明を飾ってくれた方々や操作してくれてた方々・順番を取ってくれてた者や鳴子を拾ってくれてた者・弁当番をしてくれた者や氷を運んでくれた者等・・・挙げればキリがないくらいの方々がいらっしゃいます。勿論、踊り子やアシスタントのメンバーにも沢山手伝って頂きました。
誰が一番に活躍をしたか?とか忙しかったか?という問題ではないのです。この中の誰か一人でも欠けてしまっていたら・・・今年の国士舞双はできなかった!ということなんです。こういった、裏で支えている方々がいるからこそ!表で自分達が、教えることができたし・踊り子も安心して踊れたし・特に大きなトラブルや事故、怪我も無かったし・素晴らしい賞も頂けたことに繋がっていると思います。
 国士舞双の打ち上げでは、そういった方々を全てご紹介していきましたよね。あの場に居なかった方々も沢山いらっしゃいますが、裏方に徹してくれてた方々までもが『裏方も十分に楽しかったです。』とか『踊り子のみんなが気持ちよく踊れるように頑張りました』『来年もやりたいです』なんて言ってもらえて、本当に嬉しかったですよね。こちらこそ、来年も再来年もその次もず~っとお願いしたいくらいでした。
 高知と東京・・・裏で支えてくれてた方々は、本当に沢山いらっしゃいます。その一人一人がどんなに小さな力でも、その小さな力が沢山集まれば!何よりも大きく・何処にも負けないチームの結束力が今回の国士舞双を作り出してくれたことでしょう。裏方に就いてくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。今後とも、自分を始めとするスタッフ・踊り子のみんなを影からそっと支えてあげていてくださいネ。

あなたたち(裏方)が居るからこそ・・・
  僕等は、安心して踊ることができます。
 あなたたち(裏方)が居るからこそ・・・
   僕等は、おもいっきり踊ることができます。
  あなたたち(裏方)が居るからこそ・・・
    今年の国士舞双ができたのです。
      本当に心からありがとうございました!


今日は、こんな形にまとめさせて頂きました。意外と何処のチームにもありがちなことなんですけど、一般の踊り子さんは何処までその苦労を知っているのでしょうか?裏方さんは別に、それを知ってもらったからといって手伝って欲しいなんてことは決して言いません。が、歓びも苦労もみんなで分かち合う国士舞双だからこそ・・・少しだけ紹介させて頂きました。

今日はこの辺で失礼いたします。

国士舞双
代表 森田成潔
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yancyahonpo.blog95.fc2.com/tb.php/58-edc217b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。